雑記

トートバッグを探す時、マチがあるバッグよりも大きめだけどマチの無いバッグの方がモノが入る?

買い物やイベントの戦利品を入れるのに便利なトートバッグ

買い物やイベントの戦利品を入れるのに重要なバッグの一つとしてトートバッグが挙げられると思います。

この時、『たくさんモノが入る様にとマチが10cm位は取ってある大きめのバッグにオリジナルの印刷をして販売してみよう!』と思っているサークルさんも結構多いと思います。

ところがこの、マチの幅が大きいバッグと言うのはその設定されているマチの分だけしか荷物が入らないと言うか、マチが荷物の幅を決定づけてしまう傾向にあるので、思っていたよりも入らないと感じる事もあるのです。

そんな時、実はマチが無いペラい見た目のバッグの方がたくさん入る事もあるのです!!

ペラいマチ無しのバッグの方が荷物がたくさん入る理由の一つに、まずペラい表面積が大きいバッグならそれが叶います。

小さい表面積では、大きな太めのモノを入れた時に布地が足りなくなってしまうからなのです。

大きめのペラバッグだと、これから入れる幅の広いモノの幅がそのままマチとして設定されるので、一番下に幅の広めのモノを入れればそのままバッグの縁までの容積分モノがたくさん入れられるのです。

また印刷所で印刷してもらう時も、マチ有のバッグよりも安く印刷出来るので、バッグの印刷をしたいけど料金が~と思っている人は、マチ無しのバッグの印刷をしてくれる印刷所をさがしてみて欲しいですね。

イベントに行くと、イベントの主催がオリジナルの紙袋を販売していたりもしますが、紙袋はすぐ駄目になってしまうので布地の丈夫なバッグの需要は高まっています。

まだバッグを販売したことが無いと言うサークルは、一度布地のバッグを作ってみるのも良いかも知れません。


にほんブログ村

-雑記
-

© 2021 優しい羅針盤