雑記

お正月のお雑煮で余った餅は、あまり焦って消費しなくても良い

お正月が終わるとお正月関連の食材を処分する人を見かけるけど…

お正月が終わると何故か、焦ってお正月関連の食材を処分しようとしている人を見かけるのですが、その中では特に餅は焦って食べなくても良い気がするのです。

と言うのも、餅だけは年中無休でスーパーでも普通に買えますし、小さくサイコロ状にカットしてスープに入れたりして使う人も結構多いのです。

また、夏頃には餅を使ったスイーツを作る事もあるお宅もあるので、餅だけは余っても特に焦って処分する方向に走らないで欲しいのです。

ただ、餅つきをして作った切り餅で、スーパーで売ってる餅の様に個包装にもなっていない餅の場合は早めに食べた方が良いので、お好みの方法で食べて早めに消費した方が良さそうです。

おすすめ!!大根おろしを絡ませたからみ餅!!

意外とクセになってスルスル食べられるのが、大根おろしを絡ませたからみ餅で、地域によっては食べない所もある様ですが大根は日本中で手に入りますので、食べた事が無いと言う人は是非試してみてください。

大根おろしは予め醤油で味を調えておくと、餅をからめてすぐ食べられるのでお勧めです。

他にも、焼いたりレンチンした餅にとろけるチーズを絡めて食べるのもまた美味しいので、小腹が空いた時に食べるのも良いかも知れません。

まとめ

という具合に、餅はお正月に限らず年中需要があるので、むやみやたらに早めに処分しない様にしましょう。

-雑記
-

© 2021 優しい羅針盤