雑記

健康維持の為と言って家の周辺を歩いている人は、本当に健康維持になっているのか?

朝も早い時間だったり夕暮れ時に、家の近所や近くの河川敷のウォーキングコースなどを歩いている人を見かける事が多い気がします。

だいたい歩いている人の年齢層は、定年を迎えている人だったり主婦っぽい人が中心です。

歩いている時に黙々と日々のトレーニングに打ち込んでいると言った印象の人は、その歩いている運動をしっかりと身体に反映することが出来るのですが、時々普通に商店街で出会った仲間としゃべりながら歩いている様な、そんな感じで歩いている人もいるのです。

歩いている人全体を100とすると、歩きながらしゃべっている人の割合は60と言った感じなので、毎日歩いていてもちゃんとトレーニングした事になっていない人の方が多い事が分かります。

実は、人は今やっている事を意識して集中していないと、そのやっている事は無駄になると言うか、特に運動をしている時はその運動を支えている筋肉に話しかける様に運動していないと、運動した実績が筋肉に蓄積しないと言われているのです。

なので、歩きながらしゃべっている人は、毎日トレーニングではなく雑談をしているという事になりますね。

毎日無駄に時間を使って歩きながら雑談をしているので、身体に運動したという実績が全く積みあがらないのです。

多分歩いている当の本人は、毎日歩いているのに全然ダイエットになっていないとか筋肉が付かないとか思っている可能性がありますが、それはしゃべりながら歩いている当の本人に責任があるのです。

この様に、もしかしたら自分も毎日無駄な時間を過ごしていたかも知れないと言う人は、明日から黙々と歩くと言う運動に集中して実践してみると良いでしょう。

【POD】ウォーキングでつくる垂れない美ボディ~カラダも運も引き上げる幸せレッスン~posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング7netベルメゾン

人生変わった!体幹コアウォーキング /主婦の友社/今村大祐posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング7netベルメゾン


にほんブログ村

-雑記
-,

© 2021 優しい羅針盤