close up photo of disc

エンタメ感想 漫画&アニメ 私のお勧め!!

令和の今だからこそ見てもらいたい昭和の名作アニメ!!

規制が緩かった昭和にこそアニメの名作が眠っている!!

どうも、アラフィフのオタク女のあしたのひまわりです!!

皆さん、漫画やアニメは好きですか?
私はマジで人生を踏み外したぐらい大好きですよ~。
漫画やアニメが大好きでも真っ当な人生を送れる人もたくさんいると言うのに、全く私って奴は何なんでしょうね…(;^ω^)

そうそう今や、日本の漫画やアニメは海外でも凄い人気ですよね(^▽^)/
進撃の巨人とか、鬼滅の刃とか、王様ランキングとか…その他、色々!!

私は英語が全く分からないというのにYouTubeでアニメ感想とかの海外の人の反応を見るのが大好きなんですよ!!
言葉が分からなくてもリアクションで大体伝わる!!
アニメ好きに国境は無いですね(笑)

~なぁんて言いつつも、『簡単な英会話が出来るぐらいの英語力が欲しいなぁ~』と思って、最近になってストアカで、やり直し中学英語を習い始めた私でありました(笑)
ネット環境ある人ならストアカで習うの、マジでお勧めよ♥
でも、お金に余裕がある人なら外の英語教室に直に習いに行くのも良いかもね!!

話が少々脱線しましたがアニメの話に戻します!!
令和の今やってるアニメも勿論めちゃくちゃ面白いんだけど、昭和生まれの私としましては、昭和のアニメをお勧めしたい!!

とにかく昔の特に昭和の時代のアニメは今見ると、色々な意味でむちゃくちゃだったけど、面白かった!!
放送禁止用語が飛び交ったり、子供が見るアニメでこのシーンはヤバイだろ!!と思えるようなトコもたくさんあった。
何せ、木曜の夜7時のゴールデンタイムに『北斗の拳』が放映されていたぐらいですからね!!

木曜の夜7時ゴールデンタイムに放送していた北斗の拳

北斗の拳 OP

『北斗の拳』、アニメや漫画好きなら知らない人はいないのではと思えるような週刊少年ジャンプに連載されていた人気作品!!
あの当時の少年ジャンプを買ってた人なら憶えてるかもしれませんが、よくカラーピンナップとかシールとか折り込み付録に付いてましたよね。
『北斗の拳』は連載開始して、まだ原作のストックが溜まってない時期にアニメ化となりました。
しかも木曜日の夜7時のゴールデンタイムです(ハマってたから、よく憶えてるんだよね!)

体が爆発したり、首が飛んだりする作品なので今の時代だったら『北斗の拳』は深夜アニメか、ネット配信限定放送って感じなのでしょうね~。
昭和の時代だからこそ長期クールに渡ってじっくりと制作出来て、しかも制作陣がめちゃくちゃ楽しんで作ってた(笑)
それが見ている視聴者にも伝わるぐらいだったので『北斗の拳』のアニメは名作になったのだと思いますね。

『北斗の拳』は人気作品なので後年アニメがリメイクされたりもしました。しかしどんなに作画が綺麗でもやはり最初に作られた、回によっては作画がコロコロ変わるあの荒っぽい昭和のアニメ『北斗の拳』を超えることは無いのだと個人的には思います。

南斗水鳥拳のレイ テレビアニメ『北斗の拳』より引用


余談ですが私は中学生の頃、南斗水鳥拳のレイが大好きで、テレビの音声をカセットテープに録画して何度も聴いていました。
ビデオデッキなんてまだまだ高価で手が届かない時代の懐かしい思い出話です(n*´ω`*n)

涙無くしては見れない!!東京ムービー新社の『家なき子』のアニメは名作中の名作!!

さて、本題に入ります!!
皆さん、『家なき子』って聞くと何を思い浮かべますか?

ネットで検索すると1994年に放映された安達祐実主演の大人気だったテレビドラマが上位に出てきたりするんですよね(笑)
でも、今回私が話題に上げるのはテレビアニメの方の『家なき子』で原作がフランスの作家、エクトール・マローさんの『家なき子』です。

東京ムービー新社制作のテレビアニメで1977年10月2日から1978年10月1日まで日本テレビおよびその系列局で全51話が放送されました。

https://youtu.be/KEY1ZHkJ8CY
家なき子

この『家なき子』のアニメは日本の数あるアニメの中で私が一番に推しているアニメ作品でもあります。
今まで数多くのアニメ作品を観てハマったりもしましたが、全ての人に観てもらいたいと思える作品と考えると数が限られてきます。
この東京ムービー新社の『家なき子』は視聴率こそ当時はあまり振るわなかったと記憶していますが、作品としてはとても評価の高い作品です。

海外での評価も高く、2018年に制作されたフランス映画『家なき子 希望の歌声(フランス語版)』(日本公開は2020年)のアントワーヌ・ブロシエ監督は、「プロットだけじゃなく細部のアートディレクションまで、日本のアニメが最も原作に忠実な解釈をしている」とこの『家なき子』のアニメを評しているそうです!!

エクトール・マローさんの原作が素晴らしいのは勿論の事ですが、総監督の出崎統さんの独特の演出、作画監督の杉野昭夫さんの美しい作画!!
私は出崎・杉野コンビのアニメが大好きなのですが、『エースをねらえ!』や『宝島』、『おにいさまへ』など出崎&杉野コンビのアニメ作品にハズレはありませんね!! 機会があったらぜひ観てみて下さい!! 

この『家なき子』のアニメも1977年のアニメと思えないぐらい今観ても作画が綺麗で全編通して安定しています。このアニメ1話1話にゴールデンタイムの1時間番組なみの予算を掛けたとの話もあります。

山崎晴哉さん、伊東恒久さん、杉江慧子さんの安定のある脚本や渡辺岳夫さんの音楽も素晴らしいです!!
内容はとにかく第1話から重い!! これほど悲壮感漂うアニメって他には無いのではないかと思える程です。
内容も濃い!! 名優である語り手の宇野重吉さんの声が作品の厚みを更に増しています。
メインキャラクターを演じる声優さんたちの演技力も勿論素晴らしいです!!
本当に素晴らしい事ずくめの作品であります。本当に皆に観てほしいとマジで思える作品です。
私はこの作品を何度も観ていますが、何回観ても同じところで泣けます。
全51話で物語もじっくり作られてあるので、とても見応えのある作品だと思います。

賛否両論!?女の子が主人公のもう一つのアニメ『家なき子レミ』

家なき子レミ

『家なき子』は1996年に日本アニメーション制作でも『家なき子レミ』としても再アニメ化もされていたりもするのですが、こちらは主人公レミの性別を女の子に変更していたり、諸々の事情で放映期間が半年になっている為、話が駆け足になっている為、私的にはあまりお勧めは出来ません。
でも、さだまさしが歌っていた主題歌は好きだったのでCDを買っていました。とても良い歌です(^▽^)
主人公のレミの声優をアニメ歌手界の女王、堀江美都子さんが演じていて、歌声がとても美しいです。勿論、演技力にも定評があります。
それもあってか東京ムービー新社の『家なき子』より日本アニメーションの『家なき子レミ』の方が好きって言う方も多いですね。
話が重すぎるのが苦手な方は東京ムービー新社の『家なき子』は苦手って方もいるんですよね(私はあの重さが好きなのですが…)。

両方の作品の動画(しかも公式!!)を貼っておくので興味のある方は見比べて下さいね!!

まとめ

さて、見比べてみた結果、皆さんはどちらが好みでしたか?

今回は私の好きなアニメの中で人に勧めたいと思うアニメをテーマにお送りしました。
東京ムービー新社の『家なき子』は本当に素晴らしい作品なので、ぜひ観てみて下さいね(^▽^)/

あ…『北斗の拳』の方は大好きなんだけど、流石に万人に勧めたいと思える作品では無いなぁ~。

『北斗の拳』は規制の緩かった昭和の時代に長期間に渡ってゴールデンタイムに放映できた奇跡のようなアニメだと思っています。
過激なシーンも多くてクレームも多かった『北斗の拳』ですが、視聴率も高くて、その後Part2まで作られました。
その次に放映された『魁!男塾』は世間の声に負けて無念の短期打ち切りになりましたが…(;^ω^)

それでは今回のブログはここまで!!
次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

-エンタメ感想, 漫画&アニメ, 私のお勧め!!
-, , , , ,

© 2022 優しい羅針盤