エンタメ感想 漫画&アニメ

昭和の人気少女漫画キャンディ♡キャンディの思い出

物心ついた時には既にオタクだった私

どうも~、アラフィフのおひとりさまのオタク女、あしたのひまわりで~す(^▽^)/
ここんとこ真面目にブログ更新してるでしょ?

正直、全然ブログ更新出来てなかったので閉鎖したいと思ってたんだけど…。
Googleアドセンスのアカウントの関係で『収益化しているYouTubeの為にもこのブログは閉鎖できない!!』って事を理解したら、ブログ放置するよりは真面目に(?)更新しちゃおうと誓った今日この頃です(笑)

このブログが無料ブログなら放置していたかもしれませんが、このブログは有料ブログなんですよね。
だからちゃんと更新しないと(使わないと)、勿体ないよね!!(だって毎月1000円払ってるんだよ)

以前みたいに役に立つような内容のブログとか文字数とか色々考えると気が重くなって更新出来なくなっちゃうので、もう気楽に気楽に日記のつもりで今後は更新していくよ!!(~って、以前にも似たような事言ってたな、私…)

もうこうなったら自分の好きな事を気ままに語る日記ブログにしちゃうぞ~!!

さて、私は物心付いた時には既に漫画、アニメ好きのオタクだった気がします。
まあ、当時はオタクなんて言葉は無かったけどね(;^ω^)

私が生まれて初めてハマったアニメは『キャンディ♡キャンディ』です。

あしたのひまわり

キャンディ♡キャンディは私が物心ついてから一番最初に熱狂的にハマった作品です♥
今の子供たちにとってのプリキュアみたいなものかもしれませんね!

あしたのひまわり

じゃ~ん!!
私の友だちが昔、私のお絵かき掲示板に描いてくれたキャンディ♡キャンディです。
そばかす描くのを忘れてるけどね(笑)

友人K

勝手に使わんといてよ~。
恥ずかしい~!!

あしたのひまわり

まあ、固い事言わないでよ~!!

キャンディキャンディについて

キャンディ♡キャンディ』は、原作:水木杏子、作画:いがらしゆみこによる日本の少女漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ。
講談社の少女漫画雑誌『なかよし』にて、1975年4月号から1979年3月号にかけて連載。単行本は「KCなかよし」で全9巻が刊行された。
1977年(昭和52年)度、第1回講談社漫画賞少女部門受賞。(Wikipediaより引用)

私と同世代の人なら知らない人はいないぐらい有名な作品で大人気でしたよ。
本当だったら、デジタルリマスター化してとっくの昔にDVDとかBlu-rayになってたり、東映アニメチャンネルとかで動画配信とかされていて、現代では綺麗な映像で観れた筈なのに…それがキャンディ♡キャンディ事件によりほぼ不可能になっているのは悲しい事ですよね。
もう原作を読むなら、プレミア付いた中古本を探すか、アニメを観るなら海外に出回ってる日本製では無い商品に手を出すしかないのが現状です。
探してみたら楽天で買えるみたいですね。

主人公のキャンディって大好きだけど今観ると…💦

昔は主人公のキャンディが大好きで人形とか枕とか持ってた筈なのに、大人になった今観るとキャンディよりもいじめっ子のイライザの方に感情移入出来ると言うか…。
イライザって、今見ると結構可愛いと思うのよ💦
アンソニーにもテリーにも相手にされない不遇なキャラクターでちょっと可哀想だな。


何かイライザがキャンディを嫌う理由が理解出来るんだよなぁ~。
実際にキャンディが居たら、自己中過ぎて、うっとおしく感じてきっと私の苦手なタイプだわ(;^ω^)
漫画の世界だからキャンディのキャラが魅力的に映ったのかもしれません。
でもキャンディキャンデイと言う作品自体は大人になった今も大好きで、漫画好きの私の原点とも言える作品ですね!!
テリィもアルバートさんも色気があってカッコ良くて素敵でした♥
傷だらけのテリィとか、記憶喪失で苦しむアルバートさんとか見て、自分の中の何かが目覚めたような気さえしましたね(笑)

私がキャンディ♡キャンディのキャラクターの中で友だちになりたい思うとしたらステアとパティかな?
ステアとパティのカップルは微笑ましくて大好きでしたよ。
幸せになってほしかったですね( ;∀;)

キャンディ・キャンデ`OP
「あしたがすき」 キャンディ・キャンディ

キャンディ♡キャンディは海外でも凄い人気があったのでYouTubeで検索すれば動画が上がってたりします。
映像はめちゃめちゃ荒いですが…。
オープニングもエンディングも原作者の名木田恵子(水木杏子)さんが作詞されていて、作曲は渡辺岳夫さんで歌うのは堀江美都子さんでとても素晴らしいです。

キャンデイ♡キャンデイは主題歌だけでなく劇中歌も凄く良いので、他の曲も機会があれば是非とも聴いて欲しいですね!!
少しマイナーだけど、がんばれキャンディとかあこがれのひとの歌も大好きでレコード持ってました(⌒∇⌒)

キャンディ♡キャンディにはその後を書いた続編小説がある!!

実はキャンディ♡キャンディにはキャンディのその後を書いた続編小説があるのを知ってますか?
私はこの小説の存在を大人になってから知ったのですが、小説自体は1979年に発売されていたらしいですね。
1990年に新書版として再販されました。
まだキャンディ♡キャンディ事件が起きる前で、原作者の水木杏子さんと漫画家のいがらしゆみこさんが仲良かった頃ですね!
Wikipediaによると1~2巻は原作漫画に沿った展開で、キャンディが聖ポール学院を退学してテリィを追う時点で終了。
3巻では一変して原作、アニメの後日談の物語。
キャンディやテリィなどのレギュラーの他、キャンディが旅先で出会った人物たちの後日談や裏話などが明かされる…。
発売当時はいがらしゆみこさんの挿絵が入ってたらしいのですが、著作権トラブルで絶版…(´;ω;`)

その後、復刊ドットコムに300以上の復刊投票が寄せられて、2003年にいがらしゆみこさんの挿絵を除いた形で復刊されました。

そして、そして、2010年には物語のその後を描いた『小説キャンディ・キャンディ FINALSTORY』が祥伝社より刊行される!!

私が読んだのは2010年に発売されたバージョンです。
挿絵も無い文字だけの本ですが、小説が苦手な私でも苦もなく読めました。
小説読んでて、途中から後日談になってしまったのには少々残念ではありますが、でも気になっていたキャンディのその後とか…。
キャンディが誰と幸せになったのかが読んでて分かる内容になっていたので大満足です!!
ネタバレになるので、はっきりは書きませんが…。
そうなのか~うんうん、悲しいままで終わらなくて良かった~と嬉しくなりましたね!!
この小説の存在を知らない人が多いかもしれません。
キャンディ♡キャンディが大好きだった方にはぜひ読んで頂きたい2冊です(⌒∇⌒)

まとめ

さてさて、今回は私が生まれて初めて好きになった漫画アニメ作品のキャンディ♡キャンディについて語らせて頂きました。
何せ、私が子供(7歳)の頃になりたかった夢は『キャンディ♡キャンディ』のマンガをかくマンガ家ですよ?
不可能過ぎる事を夢見るガキでした(^_^;)
せめて『キャンデイ♡キャンディ』みたいな素敵なマンガをかくマンガ家と書いて欲しかったよ💦

好き勝手に気ままに書いたブログなので正確性には欠けているかもしれません(;^ω^)
一応、Wikipediaより引用したりしてはいますが…。
便利な便利なWikipedia様♡

またこんな感じで自分の大好きだった作品を回顧する感じで漫画・アニメネタでブログを書いていこうかな~と思っております。
オタクなだけに色々ハマりましたよ、少女漫画も少年漫画も…(笑)
キャンデイ♡キャンディの次に好きになったのは『ときめきトゥナイト』だったかな…。
これもそのうち書けると良いなぁ~(⌒∇⌒)
また、良かったら読んでやって下さいね~!!

-エンタメ感想, 漫画&アニメ
-, , , ,

© 2021 優しい羅針盤