雑記

絵が下手だからイベントにサークル参加しないと言うのは間違っている!!

同人誌即売会でサークル参加してみたいけれど…

どうも、あしたのひまわりです。

今回のブログも同人誌ネタでお送りします!!

さて、一昔前なら、『ちょっと絵が下手過ぎ?』だと見られていた人は特に、同人誌即売会などのイベントにサークル参加して本を出すのは夢のまた夢?だと思っていた人は多かったのですが、近年は少しくらい下手?な位でちょうど良い状況になっている気がします。

…と言うのも、今や絵が上手い人はたくさんいる時代になっていて、上手いだけでは個性が際立たなくて目立ちづらくなっているのです。
その所為か、少し下手な個性がたくさん見える絵柄に人気が集まって来ていて、ヘタウマと言うジャンルが確立してきているのです!!

今、ヘタウマジャンルが人気!?

このヘタウマジャンルに入るであろう絵描きさんで人気のサークルさんともなると、物凄く上手い画力のサークルさんの隣で壁サークルスペースをもらって販売していたりするので、『ちょっとコレは?』と言う感じの絵柄でも侮ってはいけないのです!!

むしろヘタウマの人の方が多くの人に希望を与えると言うか、他の『ヘタなんじゃないか?』と自信を失っている人にも壁サークルになれる可能性を提示してくれているので、ヘタウマサークルの方が色んな方向から需要があったりするのです。

…なのでもし、今『自分の絵が下手過ぎでとても同人誌即売会に出る資格なんて無い!』と思っている人は、その考えは捨てて勇気を出して即売会イベントに申し込んでみてください。

多分想像しているよりは本を手に取ってくれる人は多いと思いますし、もしかしたら売れっ子ヘタウマサークルになれる可能性もあるかも知れません。

まとめ

実は私自身、ヘタウマな絵柄で描かれたエッセイ漫画とかを読むのが昔から大好きです。

ヘタウマと言っても、色々あって元々絵の上手い人がわざと絵を崩して描いた作品と、元々の絵がヘタウマな作品…。
以前は前者が多かったけど、最近は後者の方が多いような気がします。

この間、同人誌即売会に行ったら、某人気漫画のキャラをヘタウマな絵柄で描かれたグッズ(トートバッグなど)を売ってるサークルさんがえらく繁盛していたので、ビックリしました。

でも実際にバカ売れしているのを間近で見ると、こんなラクガキみたいなイラストのトートバッグが意外と普段使い出来そうな感じでオシャレに見えてくるから不思議です。

あと、ヘタウマな絵柄で描かれたエッセイ漫画とかが、よく Twitterのトレンドとかに上がってきたりもしますよね?
ヘタウマな絵柄って、ある意味親しみやすいのかもしれませんね~。



昔はあまり手に取られなかったヘタウマな作品がトレンドに入って、コミックス化したりとか、ヘタウマ作品に光が浴びる時代が来たのかな~と最近は思いますね。

私もヘタウマな絵柄を確立して何か作品を…と思ったのですが、いざ自分で描こうと思うとなかなか意外と難しい…。
ヘタウマな絵柄…だけでなく、それを魅力的に見せるセンスも必要なんですよね~(⌒∇⌒)
嗚呼…、誰か私にセンスを下さいっ…(切実)

-雑記
-, , ,

© 2021 優しい羅針盤