ミュージカル

【劇団四季ミュージカル】ライオンキング感想とにかく凄いの一言!

ライオンキングを観に行ってきました!!

どうも、あしたのひまわりです。
ただいま、旅行先の為、スマホでブログを書いております(^^)
9月19日に東京の大井町駅にある劇団四季劇場【夏】に行ってきました。
今現在、上演されているあの劇団四季のミュージカル、ライオンキングを観てきましたよ!!

私は今まで薄桜鬼やテニスの王子様などの2.5次元ミュージカルをたくさん観てきたものの、一般大衆向けの本格的なミュージカルを観た事が無かったので、どんな感じなのか興味がありました。

こう書いてしまうと、2.5次元ミュージカルは本格的じゃないのかとか、けなしてるように思われるかもしれませんが、全然違いますよ~。

2.5次元は2.5次元の素晴らしさがあって、私はとても大好きです!!
でも、私は2.5次元以外の有名なミュージカル(劇団四季とか宝塚とか…)を一度で良いから観てみたかったのです!!

友人が取ってくれた席は1階の前から14列目の真ん中あたりで、劇団四季ミュージカル初観劇としては、なかなかの良席でした。

ミュージカル ライオンキングを観た感想

一言で表現するなら『冒頭から度肝を抜かれた』と言うのが正しいです。

動物たちが客席の方から歩いて舞台の上に集まってくるシーンは圧巻でしたね。
象とか本物みたいに大きくて動きもリアルで大迫力、キリンは竹馬に乗って歩いててとにかく凄い!!

舞台のセットも凄く凝っていて、豪華!!

2.5次元ミュージカルを否定するつもりは全くありませんが、何もかも桁が違う!!
舞台が下からせり上がってきたり、場面展開もスムーズで迫力がありました。

ストーリーはついこの間、映画のライオンキングを観てきたばかりだったので、話の流れは知っていたものの、それでも新鮮な気持ちで観る事が出来ました。

ストーリーの流れ的には現在上映中の超実写映画のライオンキングそのままでしたね。

映画そのままの内容を生のミュージカルでやっちゃうのがとにかく凄い!

もちろん演じる役者も凄い!!

凄いのは舞台の衣装やセットだけじゃありません!!
演じてる役者さんも凄かったです。

何が凄いって、皆さん演技や歌が上手すぎる!!

人形を腹話術みたいに操作しながら演技している方もいて、喋りながら常に動きっぱなし!!
滑舌が良くて台詞も歌も何を言ってるのか聞き取りやすい。

私的にはムファサ(宇龍 辰吾)やスカー(韓 盛治)が重厚で良く響く良い声でカッコ良かったですね。
一緒に観に行った友人たちも『スカーの声、良かったよね』とスカーは大好評でした。

ヤングシンバ(高橋 玲生)やヤングナラ(三浦 涼音)を演じた子役たちも凄く上手でした。
まだ小さくて小学生ぐらいに見えましたね。

大人顔負けの演技!!

舞台の上で側転をして見せたり、演技だけでなくアクションも上手い!!

『今、平日の昼間なのに学校とかどうしてるんだろう? サーカスの子供みたいに小さい頃から稽古をやってきたんだろうか?』と余計な心配までしてしまいました(笑)

とにかく素晴らしかったですね(^^)

成長したナラ(町 真理子)、声がよく伸びていて歌が上手でした。
ザズ(百々 義則)やティモン(近藤 聡明)、ブンバァ(深見 正博)も良かったです。

とにかく素晴らしかった。

こうして感想を書いてても自分の言葉の表現力の無さで『凄い』としか言えないのが悔しい。
もっと上手に皆さんにお伝えしたいのに!!

観終わった後に感じた事

私の隣に座っていたお客さんは泣いてました。

私は涙自体は出なかったのですが、劇団四季のミュージカルの素晴らしさに感動していましたね。

また他の劇団四季のミュージカルも色々と観たいと、劇場に置いてあったチラシを持ち帰りました。

もし、まだ劇団四季のミュージカルを観た事が無いって方がいらしたら、『素晴らしいから一度は観に行った方が良いよ』とおすすめしたい。

観終わった後の満足度はめちゃ高いです。

劇団四季のミュージカル、ライオンキング、ぜひ観てみて下さいね!

-ミュージカル
-, , ,

© 2021 優しい羅針盤