雑記

道端で拾った財布を最近は警察に届けないでメルカリで転売する人が居る

最近は、最新情報はTwitterが一番早いと言いますが…

最近は、最新情報はTwitterが一番早いと言いますが、今回のブログは財布を落とした人の呟きを見て思った話です。

その人が落とした財布はちょっと昔の20年以上前のブランド財布なのですが、お母さんが使っていた財布で結構汚れやシミなども多いので見間違えることは無いそうです。

財布を落として交番に紛失届をした矢先に、メルカリで落とした財布を出品している人を見つけたとの事で、財布の中身はともかく財布自体を返却して欲しいと呟いていましたね。

…と言うか、落ちている財布を見つけたらすぐ交番に届けるのが普通で、拾ってすぐメルカリで出品するのが普通?だと思っているとしか思えない行動に、ただただ呆れるばかりです。

メルカリ出品者の質が下がっている!?

一体どう言う育ち方をすればこんな思考が働くのかは分かりませんが、とにかく『拾ったモノは自分のモノ!!』と言う考えが脳内に固定している人でなければこの行動にすぐ移れないと考えられるのです。

落とした人は出品者に、『その財布は自分が落とした財布なので出品を止めて返して欲しい』とメッセージを送ったそうですが、出品が取り下げられただけで財布はまだ返って来ていないようでした。

出品が取り下げられたのは良かったですが、財布の行方がまだ知れずとなると財布の安否が気になります。
とにかく早く持ち主さんの所に戻って来て欲しいと思います。

まとめ

つい先日、友人とメルカリについて色々と話をしました。
私は過去にヤフオクを利用して出品や落札などをした事があり、幸い高い評価を貰えてはいるのですが最近は多忙で面倒くさくなった事もあり、ヤフオクからは一線引いた感じになっております。

ただ最近、仕事の方が不安定な為、何か不要品やダブったグッズなどを売ったりして小銭を稼がないと生活が成り立たないのではと危機感を感じている今日この頃です(;^ω^)

友だち曰く『ヤフオクよりメルカリの方が簡単だよ。連絡はチャットで取り合うし、互いの連絡先を教え合う必要もない』との事。

お手軽なのは良いけれど、お手軽過ぎて転売ヤーやコピー品の出品、今回の記事のような拾得物を出品するなど悪質な出品者たちの温床になっている気がします。

私が離れている間にヤフオクのシステムもずいぶん変わったようで、最近は支払方法がYahoo!かんたん決済のみで落札者が商品を受け取ってから出品者に入金されるとか…。

落札者が受け取り連絡をしなければ出品者に入金されないのって、落札者側からは安心感があるけど、出品者側から見れば、チト不安ですよね!!
ぶっちゃけ、一番安心なのはお互いの顔を見ながら取引が出来るフリマなのかもしれませんね!

-雑記
-, ,

© 2021 優しい羅針盤