鬼滅の刃

鬼滅の刃16巻(ネタバレ注意)凶悪な笑顔の無惨様は美しい!

どうも、あしたのひまわりです。
皆さん、鬼滅の刃のコミックス16巻、公式ファンブック、ノベライズ本は購入されましたか?

今回のブログは息抜きも兼ねて、ちょっとした本の感想を綴っていきたいと思います!!
※ノベライズ本はアニメ化直前の2月に発売されていたのですが、私は買いそびれてしまっていて、今回まとめて購入しました。

さて、今回は16巻の感想です。
公式ファンブックと、ノベライズ本の感想は後日アップ予定です。

鬼滅の刃 16巻の感想

鬼殺隊の柱訓練で炭治郎、善逸、伊之助の3人は岩柱の所で滝に打たれたり、丸太三本担いだり、巨大な岩を押して運ぶなどの過酷な修行を受けています。

善逸が相変わらずやかましくて可愛い。
アニメでこのシーン早く観る日が楽しみだわ(何年後かな?)。
那田蜘蛛山編で登場した村田さんが久々に登場、これも嬉しい!!
吾峠先生はキャラ描写が上手なので、ちょいキャラの村田さんでさえも凄く魅力的に描かれているので、愛着がわきますね。

【鬼滅の刃】作者:吾峠呼世晴 コミックスより引用

炭治郎、善逸、伊之助の3人が揃うとやり取りが楽しくて癒される。
炭治郎の炊く白飯や焼き魚は鬼殺隊員にも好評で『お袋』とあだ名がついたとか(笑)
村田さんを含む、他の鬼殺隊員(モブ)との交流シーンも和みますね。
野口、島本、長倉、吉岡…モブキャラにもしっかり名前を付けてくれる優しい吾峠先生。

炭治郎は同期の玄弥ともすっかり打ち解けましたね。
まさか笑顔で語り合えるなんて。こんなに仲良くなれるとは流石、炭治郎!!

この16巻で岩柱の過去も明かされましたね。
悲しい過去を炭治郎に語る事で岩柱の心も癒された様子。

初登場当初、『何だこいつ…』と思い、柱の中で一番謎めいて見えた岩柱も 、すっかり愛着を感じるキャラに…。

平和な柱訓練の最中、鬼舞辻無惨の登場で事態は急変!!

ここから先の展開は驚きの連発でした。
全く想像できない展開で…。
吾峠先生はシリアス展開になると容赦が無いというか…。
御館様は妻子を道連れに自爆!!
珠世の再登場と過去が明かされました。
岩柱の奇襲シーン!!
ここで、岩柱は鉄球で鬼舞辻無惨の頭を潰すんだけど、その描写がまた凄くえぐい!!
『ここまで描くんだ!?』と驚きつつも、目が離せず一気に物語に引き込まれました。
鬼舞辻無惨の元に柱たちが集結して、クライマックスの総力戦の雰囲気です。

目が離せない展開と美しすぎる無惨様!!

美しい鬼舞辻無惨様

それにしても吾峠先生の描かれる鬼舞辻無惨様が美しすぎて…。
特にアップで描かれている表情は素敵すぎます!!
鬼殺隊を罠にかけた時の凶悪な笑顔でさえも!!

鬼舞辻無惨の罠で鬼殺隊は分散されて、鬼の根城の異空間にある無限城に引き込まれます。

炭治郎は水柱の義勇と一緒。
蛇柱と恋柱が一緒(良かったね、伊黒さん!!)。
岩柱と霞柱が一緒で、他の鬼殺隊員は単独で引き込まれている様子。

蟲柱しのぶの前に姉の敵でもある上弦の弐の鬼、童磨が登場!!

しのぶは果敢にも戦うも、非力なしのぶは鬼の頚が切れなくて、毒も分解されてしまって、しのぶ大ピンチ!!

姉の幻が現れて、しのぶを励ますも、力の差は歴然で…。
しのぶは最期の力を振り絞って、童磨を攻撃を繰り出したところで16巻は終わっています。

まとめ

私は少年ジャンプ本誌を購入しているので、先の展開は既に知っているのですが、ジャンプ本誌の連載の方も、毎週心をえぐられるようなハラハラする展開が続いています。

私はずっと少年ジャンプを読んできて、色々とハマった漫画はあったけれど、ここまでハラハラする漫画を読んだのは、思い出す限りでもデスノートのクライマックスぐらいですよ!!

いちご100%の終盤も別の意味でハラハラはさせられたけど、これは別次元のハラハラだと思うし…。

鬼滅の刃は今、私が一番推している漫画でもあるので、未読の方はぜひぜひ読んでみてくださいね!!

-鬼滅の刃
-, , ,

© 2022 優しい羅針盤