エンタメ感想 漫画&アニメ

【漫画】ゴールデンカムイの魅力について語りまくってみた!!

今、ゴールデンカムイが面白い!!

どうも、あしたのひまわりです。
今回は週刊ヤングジャンプに連載中の私の大好きな漫画ゴールデンカムイについて語ってみたいと思います。

私はこの漫画が大好きで大好きで、週刊少年ジャンプに連載されている『鬼滅の刃』と同じくらいにこの漫画の続きを毎週楽しみにして過ごしています。

ゴールデンカムイの為に、ヤンジャンのアプリをダウンロードして、毎週木曜日の午前0時になると、60円課金してゴールデンカムイを読んでいるのです!!

だから、休載だと知った時はガクッときてしまいますね。
でも、体を壊さない為にも休息は必要な事だからしようがないですよね!

ゴールデンカムイについて

さて、『ゴールデンカムイ』は、野田サトル先生による明治時代末期の北海道や樺太などを舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2014年38号(2014年8月21日発売)から連載中です。
2014年から連載中のこの漫画の事を私が知ったのは連載が始まってだいぶ経ってからでした。
週刊ヤングジャンプは井上雄彦先生の『リアル』が載ってる時に、たまにネットカフェで読んでた程度だったからです。

ゴールデンカムイを知ったキッカケ

ゴールデンカムイを知ったキッカケ…それはラッコ鍋!!

ラッコ鍋のワンシーン。【ゴールデンカムイ】作者:野田サトルより引用

twitterのトレンドに上がったラッコ鍋のシーンを見て、興味を持ち、その回の問題のシーンが載っている週刊ヤングジャンプを即購入した事がキッカケです。

twitterに出回った野田サトル先生の描かれる男性キャラがとてもカッコ良くて、尚且つ、ラッコシーンのようなネタが大好物の私は主人公の杉元佐一というキャラクターにひとめ惚れ(笑)してしまったのです。

その当時でコミックスは10巻ぐらい発売されていたと思いますが、コミックスを即大人買いしました。

3分で振り返り!TVアニメ「ゴールデンカムイ」第一期スペシャル映像ッ!! (公式)
TVアニメ「ゴールデンカムイ」第三期PV第1弾

ゴールデンカムイは今までに2度アニメ化され、2020年に第3期の放映が決定しています!!
アニメは諸事情から色々とカットされているエピソードが多いのが残念ですが、作画や声優陣など魅力的なアニメです。

ゴールデンカムイの魅力とは!?

漫画のキャラに魅力があるっていうのは凄く重要な事ですよ!

ゴールデンカムイを読んでいて、杉元が全く登場しない回は少しテンションが落ちてしまう私です。
実はコミックス1巻から改めて読んでみると、最初は少し難しそうな漫画だなと、読み進めるのに苦戦した事もありました。

しかし、白石や鶴見中尉などが登場し、尾形が再登場、そしてキロランケとお馴染みのキャラが出揃った辺りから、すごく面白く感じるようになり、現在に至ります!!

やはり、漫画にとって重要なのはキャラクターですね!!

野田サトル先生の圧倒的な画力によって、描かれる魅力的なキャラたち同士のやり取りがたまらなく魅力的ですね。
勿論、ストーリーも目が離せないくらいに面白いし、アイヌの文化について色々と知る事が出来たのも良かったです。
物語は折り返して、クライマックスに向かっているところでしょうか?

ゴールデンカムイの今後の展開はどうなる!?

週刊ヤングジャンプの連載の方では、主要キャラだったキロランケが退場してしまい、月島やキロランケや鯉登の過去を通して、鶴見中尉の過去も少しづつ明らかになってきていますね。

過去が明らかになるにつれ、ますます何を考えているのか解らない底の見えないキャラになっていく鶴見中尉…。
これで杉元の過去にも関わっていたら面白いのになぁ…。
杉元の過去も一番重要なところが明らかになっていませんよね。
顔や体の傷…、特にあの顔の傷に関しては今後どうやって出来たのか明かされると思います。
あと気に喰わない上官を瀕死の重傷を負わせたエピソードも気になりますよね?
軍人恩給の資格を剥奪されてしまうほど、上官をズタボロにしてしまうなんて、一体何があったのでしょう?
杉元推しの私としては、そこが楽しみでたまりません!!


そして願わくば、杉元の過去にも鶴見中尉が関わってると良いなぁ~。
野田サトル先生が最後は大団円になると言っていたゴールデンカムイ。
キロランケが退場しちゃったけど大団円なんてありえるのか?
どんなふうに完結に持っていくのか物語の着地点が全く見えない。
もう続きが気になって気になってたまりません!!
野田サトル先生がどんなふうに話をまとめてくれるのか今後の展開が楽しみですね!!

ストーリーもキャラも面白くてたまらないゴールデンカムイ超おすすめです!!

-エンタメ感想, 漫画&アニメ
-, , ,

© 2022 優しい羅針盤