AGRAVITY BOYS

【ネタバレ注意】AGRAVITY BOYS 第4話 可愛いクリスに興奮するサガ、ゲラルト、ババの今後は!?

4話目もめちゃ面白いぞAGRAVITY BOYS!!

どうも、あしたのひまわりです。
AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)、面白いですね。
早々とネタ切れになって、打ち切りになっちゃうんじゃないかと言う心配も、キャラが立ち、イキイキとしている所為で薄れてきました。
短命で終わる事はないんじゃないかなと思います。
毎週、Twitterで皆の感想を拾うのが楽しみですよ(⌒∇⌒)
ネットの評判も良いし、きっとアンケートも良いはずと、私は信じます!!

AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ) 公式PV

AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)4話の簡単なあらすじ

副題は『gobbledigook]』

α・ジャンブローの高台に通信用のアンテナを設置するサガたち。
時間は掛かるが、これで何処かにいるはずの地球の生き残りの者たちへメッセージは送れるだろうと安堵する。

高台の傍には美しい水場があり、アンテナ設置作業で汗を流した4人は歓喜する。
水中訓練が苦手だったクリスを仲間たちで励ましに行った時の思い出話に花を咲かせ、汗を流すために水浴びをしようとする4人。

笑顔で服を脱ごうとするクリスの肩を突然掴み、真顔で止めるサガ。
サガ『何考えてんだ、お前。嫌な予感がする』
クリス『見ての通り水浴びしようとしてるだけだけど…』
サガ『ちょっと待ってろ』

サガはクリスの聞こえないところまで移動し、ゲラルトやババの意志を確認する。

ゲラルト『サガが止めなければ恐らくクリスはその上半身を俺たちの前に晒していただろう』

ババ『クリスは正直その辺の女子よりずっと器量がいい。故に今の我らがクリスの裸体から女体を連想するはこれ必定。女の裸を直視した事のない我らが受け止めきれる道理など元より無し…。礼を言うぞサガ…!』

ゲラルト『また助けられちまったな…』
サガ『へっ、よせよ!』


男の友情を確かめ合う3人。

しかし、クリスにその事実を伝えるわけにはいかない。
クリスは大切な親友であり、傷つける訳にはいかなかった。

サガたち3人はクリスの水浴びを阻止しようとするも、中々上手くいかない。
クリスはサガたちが自分の水浴びを止めようとするのは自分が水中訓練が苦手だったから心配しての事だと勘違いする。

クリスは心配してくれるのは嬉しいが、自分たちはアカデミーの頃から同じ時間を一緒に過ごしてきた仲間であり、辛い時も楽しい時もいつも一緒で仲間外れみたいなことはよくないと、サガたちを説得する。

クリスの言葉にサガたちは覚悟を決める。

サガ『いけるよな…』
ゲラルト『クリスを傷つけるようなことは絶対にしない…!』
ババ『ああ…我らならやれる…!』

─全てはクリスのために…!─

そしてクリスは服を脱いで上半身を晒し、水浴びをする。

クリス『うわー本当に気持ちいいや! ね!みんな─』

笑顔で振り向くクリス。
だが、サガ、ゲラルト、ババの3人はクリスの裸を直視しないように顔を背けて直立不動していた。

異様な光景にクリスは全てを察する。
クリス『その…3人は……僕の裸にこ』
サガ『クリス、シュレディンガーの猫の話は知ってるか? つまり俺たちが振り向くまで…冷静なままの俺達とあまりそうではない俺たちは重なり合ったまま存在しているともいえ─』
クリス『へぇ』

水場からの帰り道、クリスはサガたちと一言も口をきく事はなかった。
夕暮れのα・ジャンブローに吹く風は今の彼らには少し冷たすぎた…。

設置したアンテナのレーダーにピコンと反応が現れたところで…次回に続く!!

AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)4話の感想

可愛いクリスを女の子扱いしてしまう1話の路線が戻ってまいりました。
高次元の存在さんは今回も未登場でしたが、彼ら4人だけでも十分話は面白いですね。
何と言ってもキャラクターが完成してて、会話のテンポも良いです!!

もう、作者の中でもキャラクターが勝手に動き出している感じなんじゃないでしょうか?
ジャンプ読者からの反応が良い事は、ネットとかを通じて作者の中村充志先生にも既に伝わってる事でしょう。
反応が良いとノリノリで描けますよね!?
作者も楽しんで描いているのが伝わってくる気がします。

それにしても、毎回くだらない内容を真剣にやってて、ストーリーも最高に面白いです。

前回→食あたりで便意を催したゲラルトにうんちをさせてあげる為に基地まで送り届けてあげようと奮闘する話。
今回→そこら辺の女の子より断然可愛いクリスの裸体を見てしまうと興奮してしまい、クリスを傷つけてしまうから水浴びを阻止しようとする話。

上の方に長々とあらすじを書いたものの、簡単に要約出来てしまいそうな話です。

『AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)』は小難しい事を考えずに頭を空っぽにして楽しめる娯楽漫画であり、週刊少年ジャンプのアンケートを出す層(小中学生?)にも受け入れやすい漫画なのでは無いかと思うんですよね。

キャラクターが面白くて、話も分かりやすい漫画って最強じゃないかな?
変にキャラクターが増えすぎて、話が広がり過ぎる漫画よりは良いと思うんですよ。
正直、一時期ハマったONE PEACEとかはキャラクターが増えすぎて伏線も多すぎて、最近読んでいて疲れてしまう時があります。

今回の話のラストで設置したレーダーに反応が見えたところから新キャラ登場となるのでしょうが、あまりキャラクターは増やし過ぎないようにしながら主役4人をメインで進めてほしいですね(正直、ヒロイン枠はクリスとババで十分だと思う!!)。

まとめ

さて、『AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)』4話の感想でした。
もう、私の中ではコミックス購入確定ですよ。

アニメにもなったら銀魂みたいに面白いアニメになるんじゃないかな~と気が早すぎる妄想をしています。

変にシリアスやバトル路線に走らず、今後もくだらない内容を真剣にやってほしいです。
今の路線がこの漫画の正しい道です!!

キャラクターは皆魅力的ですが、若干サガが他のキャラに比べて弱い気がするので、今後はサガの掘り下げもお願いしたいです。
まあゲラルト、クリス、ババが強烈すぎるってのもあるんでしょうが…(笑)

それにしても、クリスは可愛いですね。
正直、2話で登場したメイドさんよりも可愛いですよ(…と、皆さん思いませんでした?)。

それでは、また 『AGRAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)』の5話の感想でお会いしましょう!!

-AGRAVITY BOYS
-, , ,

© 2021 優しい羅針盤