雑記

大学であくせくと就活するのは面倒臭そうだと思っている人は、高卒で就職した方が良い

皆さん、就活してますか?

どうも、あしたのひまわりです。
アラフィフですが、ついこの間まであくせくと就活してました(笑)
無事に決まってホッと一息…。

…とは言え、前職と比べて給料めちゃ安いので暫くは超~節約生活を送らねばなりませんが…、うん、前向きに頑張ります!!
同時期、私の友人たちも就活を送ってまして、1人は超有名な外資企業への就職が決まりました。

超有名な外資企業なだけあって、採用面接時に1人あたり3分間のプレゼンテーションをして自分をアピールしたそうです。

トーク力が無く、自分に自信が持てない私には 自分をアピールする『3分間のプレゼンテーション 』なんて絶対に無理な事なので、それをクリアして、 超有名な外資企業への就職を勝ち取った友人は凄いなぁ~と感心しましたね!

大学生の就活、高校生の就活…

さて、就職活動と言うと、特に大学生の就活を思い出す人の方が多いかも知れませんが、高校生でも就職活動をする人は多いです。

…と言っても、大学生の就活のように、希望する企業に面接を取り付けるアポを取ったり、企業説明会に足を運んだり~などの面倒な事は一切無く、就活中の高校生のやる事と言ったら、面接の練習と試験勉強位だったりするのです。

大学生が苦労している部分は全て就活担当の先生がやってくれるので、希望する会社に対して高校生は特に何か自分でやったりすることが無いので、大学生の就活の様な苦労を知らぬまま就職して行く事になるのです!!

また、高校でそこそこの成績を取っていれば、好きな行きたい就職先を色々選べるので、あくせくと希望する企業に頭を下げに行ったりしなくても良いのです。

学歴は関係ない!?高校生への求人率の増加

しかも最近は、高校生への求人率が非常に高くなっているので、成績の良い子1人に対して10社以上の求人が集まる事もあるのです。

なので、もし出来れば高卒で就職したいとか、良い所に就職するには大学を出なければならないのか?と悩んでいる人は、工業高校などの専門系の高校に進学して技術を学び、そこから就職を希望して行くのがお勧めです。

まとめ

その昔は高卒はキャリア組に入れない時代もありましたが、今は高卒でもキャリアになれる時代になって来ているので、自分であくせく就活をしなくて済む高校生からの就職も考えても良いと思います。

皆さん、自分の希望するホワイト&ホワイトな職場に就職出来ると良いですね!!
高校生の皆さん、大学生の皆さん、私のようなもっと上のシニア世代の皆さん、就活頑張って下さいね(⌒∇⌒)

-雑記
-

© 2021 優しい羅針盤