雑記

眠くなくても横になれば、大抵の人は眠れるはず

時々、Twitterなどを眺めていると見かける呟きの中に、どうしても眠れなくて困っている言わば不眠症気味の人が居るのを見つけてしまうかも知れません。

このタイプの人は結構多くて、朝になっても結局朝になってしまった事をボヤいていたり、不眠が続いている所為で会社を辞めなければならなかったりする人も居るのです。

しかし完全に眠れないと言う訳では無く、横になれば多少は眠気が襲って来るそうなのですが、完全に熟睡とまでは行かない事が多いそうです。

横になれば多少は眠気が襲ってくる、つまり身体を横たえている時間がもう少し長かったり眠っても熟睡段階に入ることが出来れば不眠からは解消されると言う事になるので、眠るのを諦めるのではなく、『いかに快適に安眠できるのか?』をもう少し模索していって欲しいですね。

多分もう少しあがいてみたりするだけで、本当にしっかり眠れると思うのです。

また、最初の睡眠導入の前にお風呂に入ったり軽く運動をすると眠気が促進されやすくなるので、それらの方法も実践してから不眠状態なのかどうかを決めても良いと思います。

それでもどうしても、何をやっても駄目だと思った所でやっとこ心療内科などを受診すると良さそうです。

とりあえず、市販の頭痛薬や睡眠導入薬などで様子を見たり、激しく疲労するまで身体を酷使してみたりして、自力でがっつり眠れる努力を怠らない様にする事が大事だと思います。


にほんブログ村

-雑記
-

© 2021 優しい羅針盤