漫画&アニメ

祝アニメ化!!Dr.STONE(ドクターストーン)が面白いぞ(2019年9月29日追記)

Dr.STONE(ドクターストーン)について

どうも、あしたのひまわりです。
今日は2019年7月にアニメ化された少年ジャンプ連載中のDr.STONE(ドクターストーン)について語らせて頂きます!

『Dr.STONE』(ドクターストーン)は、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品で週刊少年ジャンプ2017年14号より連載開始で現在も連載中!!

TVアニメ 「Dr.STONE」 第1クールOP<Good Morning World!>ノンクレジット映像(公式)

簡単にストーリーを説明させていただくと…。

高校生の少年(大木 大樹)が、以前より想いを馳せていた女の子(小川 杠)に愛の告白をしようとした時、突然、空が眩く発光して、地球上の全人類が一斉に石化するという怪現象に襲われてしまう。

石化して五感を失って身動きが取れない大樹、しかし石になっても「杠への想い」で意識を保ち続ける。
長い年月を耐え続けた末に自由な身体を取り戻すが、既に世界は3700年の時が流れており、人類は滅び、目前には樹木が生い茂り、風化した景色が広がっていた。

…て、感じで物語は始まります!!

美麗な画力と全人類石化というスケールの大きい物語で他を圧倒!!

私はこの漫画は連載開始当初から読んでおり、コミックスも購入しました。
第一印象としては、『この漫画は絶対に生き残る!!』と確信してました!!
画力もストーリーも同時期に始まった他の新連載陣より圧倒的に上回っており、 格が違うのが、素人目にもパッと分かったからです。

原作はアイシールド21の稲垣理一郎さん、作画は青年誌で連載をされているBoichiさん。
私はBoichiさんの作品は読んだ事が無かったのですが、青年誌でも人気を博している韓国出身の漫画家さんです。
青年誌で連載されている漫画をチラ見したのですが、画力が半端なく凄い!!
少年誌と青年誌で上手く画風を使い分けておられますね!!

先の読めないストーリー展開と千空の科学にワクワク!!

最初、Dr.STONEを週刊少年ジャンプで読んだ時、大木 大樹が主人公だと思ったのですが、読み進めるうちに、大樹の親友の科学好きの少年、石神 千空が主人公だと気付かされます。

まあ、作品のテーマが『科学の力でゼロから文明を取り戻せ』ですからね。
原作の1話から12話までは序章だったと知った時はビックリしました。
序章は大樹目線で話が進みます。

大樹は単純で体力バカだけど誠実な性格で、千空は科学オタクで合理的な性格で、色々と高校生離れしたキャラクターなんですよ。
何となくアイシールド21の蛭魔を思い出します。
主人公として読者に共感されやすいのは大樹の方だと思います。
物語の世界観が読者に浸透するまで、大樹の目線で話を進めたのは巧いな~と思いました。
流石、あのアイシールド21の原作者さんです!!
少し残念な点は、キャラクターがある程度出揃ってくると、次第に大樹や杠が目立たなくなってしまったところですかね…。
杠はともかく、体力自慢の大樹はモブキャラみたいな扱いに…。
主人公の親友ポジションな筈なのに…ちょっと寂しい(´;ω;`)

巷で話題になった猫じゃらしラーメン!!

Dr.STONEでは科学の力で色々な物を作るんだけど、科学に興味の無い私でも、えっ、こんな仕組みだったんだと、唸らされました。

でも、私的には、猫じゃらしラーメンが一番興味あります。

あの、土手なんかに生えているねこじゃらしでラーメン作るんですよ!?
身近すぎて『ちょっと食べてみたい!!』と興味が出ませんか?

猫じゃらしラーメン作ってみた!! 【閲覧注意】ドクターストーンDr Stone PDS

2019年9月29日追記:YouTubeでねこじゃらしラーメンを本当に作って食べている動画があります。
作り方が間違っていたのか、かなりまずそうです(笑)

まとめ

Dr.STONEでは科学に興味のある人は勿論の事、 私のようにあまり興味の無かった人でも十分面白い作品なので、是非、アニメを観て、原作も読んでみて下さいね!! 

-漫画&アニメ
-, , , ,

© 2022 優しい羅針盤