雑記

同人誌即売会でサークル参加したいけど、分からない人にアドバイス

同人誌即売会でサークル参加してみたい!!

どうも、あしたのひまわりです。
最近、同人誌即売会イベントに買い物に来ていただけの友人が、自分も絵を描きたくなったのでサークル参加してみたいと言い出しました。

長年、買い物だけに勤しんできた友人でしたが、ついに絵を描きたいという欲求が抑えつけられなくなってきたそうなので、『抑え付けないで心の赴くままに解放してみるべし~』と友人縁者で同志の誕生を喜びましたね。

…とは言っても、何かのイベントに申し込んだりして見たものの、『実際にそのイベントでは何を頒布するのか? どんな本を作れば良いのか? 何を書いたら良いのかサッパリ思いつかない!』と言うので、オタク仲間で知恵を出し合う事にしたのです。

どんな本を作ったら良いか分からない人には、まずコピー本がおすすめ!!

多分、『最初の頃は何かの紙にラクガキしたモノを集めてコピー本にして1部100円で売り始めたよ?』と言っているメンバーが一番多かったので、どうやらこの案が実行されるようです。

印刷所も使わないし、デジタル作画も無いので、同人作家初心者として最初にくぐる門のようなものがこのコピー本なのかも知れませんね。

たかがコピー本、されどコピー本などと思うなかれ、作る人の工夫次第でコピー本も素敵な本になります。

遊び纸代わりに100均で買ったレースやお洒落な折り紙を挟んだり、表紙をシールでデコったり、少部数のコピー本だからこそ出来る事ってたくさんあります。

凝りにこったコピー本て、ただコピーしてホチキスで止めただけのコピー本に比べると手作りの温かみがあって良いですよね。

少部数に対応してくれるオンデマンドもおすすめ!!

とりあえず、友人が直近でも申し込んだイベントは10月の後半なので、それまでに推しのキャラなどを色々ラクガキして、本に出来るように編集していく事になるでしょう。

もし、この友人のように同人誌を作ってイベントでサークル参加してみたい人は、様子見も兼ねて、まずはコピー本から始めてみると良いでしょう。

慣れてきたらオンデマンドで少部数でフルカラーの表紙の本に挑戦してみるのも良いと思います!!
オンデマンドは少部数にも対応してくれるし、印刷もなかなか綺麗です。

それにしても昔と違って、最近は少部数にも対応してくれるし表紙がフルカラーの本は身近なものになりましたよね!
昔はフルカラー表紙で箔押しの本なんて憧れの存在でした(笑)
印刷代が数万とかでめちゃ高くて、当時はなかなか作れませんでしたよ(^_^;)

同人誌を作る時は部数は慎重に決めましょう!!

印刷屋さんに頼んで100部とか刷るよりは、最初のうちはコピー本とかオンデマンド本とかで少部数作る事をおすすめします。

もし、印刷屋さんでオフセット印刷で同人誌を作る時は部数を慎重に考えて下さいね。

『少部数じゃ売れても赤字で元が取れない!!』なんて言って、大量に同人誌を作って、結局売れなくて最後はチラシ置き場に置いて無料配布した人を私は知っています(それは私自身だから!!)。

今後も定期的にイベントに参加するならともかく、当分参加予定がないのに、たくさん同人誌を作ったら大変な事になってしまいますからね。

最初のうちは自分で何とか捌き切れそうな数で同人誌を作ってくださいね!!

-雑記
-, ,

© 2021 優しい羅針盤