雑記

バターとマーガリンはどちらが太りやすいのか?

バターの方が太りやすいと思われていた時代もあった

一時期は、バターの方が太りやすいだろうと思われていた時代もありました。

それは、バターが牛乳の乳脂肪を固めたモノだからだと言われています。

しかもバターは動物性脂肪なので、人体にも蓄積されやすいと思われていた時代はかなり長かったと思います。

そんなバターに代わる商品として生み出されたのがマーガリンで、植物油を加工してバターの様な状態にした製品です。

風味はバターに劣りますが、マーガリンの利用価値と言うか利用頻度は高まって、全世界的に広まった代替食品だったのです。

トランス脂肪酸について

しかしある時、マーガリンの中にトランス脂肪酸と言う脂肪酸が含まれていることが発見されました。

このトランス脂肪酸と言うのは、マーガリンを過剰または定期的に摂取し続けていると、心臓病や生活習慣病などの病気の発症リスクが高まると言うモノでした。

トランス脂肪酸が問題になっていた頃アメリカでは国民の肥満になっている割合の増加が深刻になっていて、その原因の一つにマーガリンの過剰摂取が挙げられていたのです。

つまり、この時点でマーガリンの方が太ると言う事が明白になった気がします。

まとめ

とりあえず今回はマーガリンとバターはどちらが太りやすいのか?と言う話なので、太りやすさを議論したいと思いますが、結果はマーガリンの圧勝だったりします。

実は動物性脂肪で太りやすいと考えられていたバターですが、バターの脂肪分には中鎖脂肪酸と言う身体に入っても燃焼されて無くなりやすい油が含まれているので、たくさんバターを食べても想像していたよりも太りにくいようです。

なので、バターをバターだけで食べても急激に太ると言う事はありませんが、太らないと言う確証は無いので、程々にバターを楽しんで欲しいと思います。

またマーガリンですが、現在は日本を除いた他の国では製造と販売が禁止されているので、パンに塗って食べる程度の利用にした方が良さそうです。

-雑記
-, ,

© 2021 優しい羅針盤