体験談

【BL】やおい本の沼から抜け出せなくなったオタク女の回顧録

どうも、あしたのひまわりです。
アラフィフで独身のオタク女でございます!!

今日のブログは私の人生を大きく変えてしまった【禁断の趣味】との出会いについてお送りしたいと思います。
【禁断の趣味】と言うか、恥ずかしくておおっぴらに出来ない趣味の事です。

家族や職場には知られたくない禁断の趣味とは?

さて、私のブログにお立ち寄りの皆さま(いるのか!?)、BLって言葉を知ってますか?
ボーイズラブの略なんですが、ボーイズラブって何の事か分かりますか?
かつてはJUNE(ジュネ)とか、やおいとか言われていました。

私の荷物の中で大部分を占めていたのは隠しきれない程のアニメDVDとアニメグッズと書籍関係。

実はそれぞれ細かく分類もされてはいるのですが、まあ簡単に言ってしまうと男の子同士の恋愛を扱った漫画や小説、ドラマCDやアニメなどの作品を指しますね。
そういう作品を好む人たちの事を今は『腐女子』とか『貴腐人』とか男性の場合は『腐男子』って言うらしいです。
今は『おっさんずラブ』などのドラマ作品の影響もあって、以前に比べると結構一般的に周知されるようになったとは思いますが、巷では年齢制限を設けてある過激な作品もあり、それを好む人(私も含め)も多いので密やかに楽しむ趣味としてる方も多いのです。

仲の良い友人には知られても大丈夫だけれど、家族や彼氏には隠している人も多いのでは?

電子書籍の普及により今や密かに楽しめる趣味に!!

今は電子書籍も普及しているので、昔に比べれば密かに楽しむ事も出来ていると思いますね。

私がこの【禁断の趣味】である当時はやおい本と呼ばれていた物に出会ってしまったのは、今から30年以上も前の1986~1987年頃の事です。
場所は普通の本屋さんです。
内容が過激な本なのに当時は全年齢対象の本として普通に本屋さんで売られていました。

職場の近くに結構品揃えの良い本屋さんが建っていた為、私はしょっちゅう入り浸ってました。
当時も給料のほとんどを漫画やアニメ関係で使っていた気がします。
この時点で既に人生を踏み外している気がしますね…(笑)

私とやおい本との出会いは普通の本屋だった!!

ちょうど私は聖闘士星矢という週刊少年ジャンプ連載中の漫画やアニメにハマっていました。
ある日、本屋さんの平積みコーナーに『星矢に夢中!』『星矢危機一髪!』という同人誌のアンソロジーが売ってました。

『何だろう?コレ』と軽い気持ちで手に取り、中をチラ見して迷わずレジに持って行きました。
その本は聖闘士星矢が好きな女性ファンたちが個人で発行した星矢のアニパロの同人誌の再録集みたいな本で、作家さんたちは後にプロになった方もいますが、ほぼアマチュアの女性作家さんたち。
しかし絵がとても上手で美しく色っぽい絵で描かれた聖闘士星矢のキャラたちの危ない禁断の友情に私は強く惹かれました。
禁断の友情シーンには、勿論『あは~ん、うふ~ん』なシーンがあったりします(笑)
その後、他の出版社からも類似本がたくさん発売された事を考えると、あの本は凄い売れたと思うんですよね!!

その本で好きな同人作家さんが出来て、郵便局で定額小為替を買って同人誌を通販したり、その頃京都に住んでたんだけど同人誌の即売会のイベントがたくさん行われている大阪に憧れを抱いたり(笑)、1988年の夏には初めてのコミケに一般参加をして、友人もびっくりするぐらい同人誌を買いまくってました!!

もう抜け出せない底なし沼にハマった私…

友人からも『こういうの本当に好きだよね』と呆れられるぐらい一輝と氷河の過激な本(やおい本と呼ばれていた)を買ったりしてました。
気が付けば、抜け出せない深い深い底なし沼にハマっていたのです。

当時は『大人になったら、自然とこの趣味も卒業できて、私も普通に結婚とかするんだろうな…。子供が出来て、もし男の子が生まれたら氷河って名付けたいなぁ…』と思っていたんですが、何時までたっても卒業できず、悪化の一途を辿り、そのうち自分でも本を出すようになって、仕事以外は趣味を最優先するようになり、家に帰ったらほぼ徹夜で原稿を描き、日曜日は同人誌即売会に行ったりする方がデートよりも楽しくて、あっという間に現在の状況に至ります。


さすがに体力的な問題からコミケには行かなくなりましたが、最近はピクシブなどのイラスト投稿サイトやTwitterで情報を調べて、『とらのあな』とかで同人誌を通販出来たりしちゃえる便利な時代になった為、アラフィフになった今もこの禁断の趣味を満喫してたりします。

苦悩の末、『開き直り』という境地に至る事が出来た私!!

正直、『この趣味に出会わなければどうなってたかな?』と思う時もあるのですが、この趣味をしていたから出会えた縁(友人たち)も多いので、『結婚だけが幸せじゃないさ、これも自分の選んだ人生!』と最近では開き直れるようになりました。


この境地に至るまでには心の葛藤もあったりして、出会いを求めて社会人サークルの飲み会に参加したりした事もあったのですが、気を使って疲れるだけでしたした。

やるだけやったし、どうしようもない事はスッパリと諦めて自分なりに今を楽しもうっと…♬

最後に私からのアドバイスです!!

めちゃ楽しくて中毒性のある趣味ですが、ボーイズラブや同人誌などにハマるのも程々にしましょうね。

そうでないと私みたいになりますよ!!

-体験談
-, ,

© 2021 優しい羅針盤