雑記

趣味でお金がかかる人と趣味をしているだけでお金が入る人の違いは?

どうも、あしたのひまわりです。

皆さんの趣味は何ですか?

私の趣味は昔は漫画を描いたり小説を書いたりして、同人誌を作ってイベントに参加したりする事でした。

今はこのブログの更新&進化させる事が趣味になってますね(^^)

このブログにお立ち寄りして下さった皆さんにも色々な趣味があるのだと思います。

趣味をするのにお金がかかる人と、趣味をしているだけでお金が入る人の違いとは

多分、日本中の人の多くが何か楽しい事をする時には必ず、いくらかのお金をかけてからじゃないと楽しめない様な趣味を持っていると思うのです。

例えばカラオケですが、何時間かいるだけで数千円はかかってしまったり、小説や漫画を読むと言う趣味も結局書店で本を購入しなければならないのでお金がかかっているのです。

他にも、海外旅行が趣味と言う人ならば、渡航費や滞在費やお土産代まで、かなりの大金がかかっていたりするので、お金をかければたくさん楽しい事があるのだろう?と思ってしまう人は多いと考えられるのです。

しかし、そんな風にお金をかけなくても、一円も払うことが無くても楽しめる趣味もたくさんあるので、その方向に進んで楽しんでみても良いと思うのです。

その答えは自分の中にある!!

特にじっくりと集中力を高めて出来る趣味と言ったら、絵を描く事や書道で文字を書く事だと思い出す人も居ると思います。

または、自分で考えた話をノートに書き綴っているうちに大作になって来た!と言う感じで、自分の考えを書き綴る趣味もまた面白い物なのです。

何か書く系の趣味はある意味、その人の新陳代謝と言うか普段生活しているなかで身から出て来るサビと言うか老廃物と言うか、そんな感覚で何かを残している人も居たりするので、趣味と言っても色んな範囲があって広い世界だと言う事が分かるでしょう。

しかもその、新陳代謝的に描いた絵はイベントなどで売れる事もあるので、お金をかけて楽しく遊んだりする趣味とは真逆の趣味と言えるかもしれませんね。

もし、今まではお金をかけて楽しむ趣味ばかりしていたけどお金が入るかも知れない趣味に移行していきたいと言う人は、自分の中から他人を楽しませる事が出来る何か特技の様なものを持っているか探してみてください。

例えばそれがお笑い芸人の様に色んな人を笑わせることが出来る、面白い話のオンパレードでも良いのです。

自分の中から生まれて来る事しかお金に変えられないと思うので、お金になる趣味を見つけたい人は自分の中に何があるのかを見つけるために色々なものを見たり、美術館に行っても良いし、映画を見たりして、趣味の元となる知識的栄養素を脳内に蓄積して行く事をお勧めします。

そうしてある一定以上の知識が積もった頃には、何も無くてお金ばかり使っていた頃が大昔のように感じられる趣味を見つけていると思います。

-雑記
-

© 2021 優しい羅針盤