お役立ち情報

同人誌を委託して販売してくれる店は増えているけど、委託料金が高い店は要注意?

本日のブログは『同人誌』をテーマに色々お送りします!!

どうも、あしたのひまわりです。

数日前、私のブログの記事をtwitterでリツイートして下さった方がいらして、いつも過疎ってるブログに珍しく来訪者が増えました。
いつも、リアルタイムの来訪者が0、もしくは1~2人、多くても3人ぐらいで、いつも気ままに独り言のように呟いていたブログがその時はリアルタイムで100人超えててビックリしました。

トレンドでも無いコミケネタだったのに興味を持って読んで下さった方も多く、ビックリしたけど嬉しかったです。

こんな数字を叩き出すのは最初で最後かもしれないので、記念にスクショしましたよ(笑)
記事の間違いを指摘して下さった方も有り難うございます。

このブログは私の孤独と不安を紛らわす為の心の拠り所、『アラフィフのおひとりさまの趣味、日常を綴る雑記録』なもんで、実は詳細に調べて記事を書いていないのですよ。

今後も何かと間違いが多いと思いますが、また何かありましたら宜しくお願いします(⌒∇⌒)

さて、本日のブログはコミケと言えば、同人誌!!
『同人誌』をテーマに色々お送りいたします!!

同人誌を作りたいけど、どんな風に印刷用の原稿を作るのか分からない人は多い

同人誌に限らず、印刷所に持っていってすぐ本にしてもらえる原稿を作れる人は多分、過去に同人活動をした事がある人が圧倒的に多い気がします。

普通に、ごくごく普通のよくある会社に就職して~と言うタイプの人で特に絵も漫画も描かないし同人活動って何をするのかすら分からない人は、多分一生する事が無い知識の可能性は高いですね。

印刷所に持っていってすぐ印刷することが出来る原稿のことを版下原稿と言うのですが、版下を作れると言うだけでもどこかの広告業界やまたは出版業界では重宝される事もあるので、やっておいて損は無いと思います。

また、お住まいの地域の町会などで何らかの冊子を印刷する事になった時、版下原稿の作成を印刷所に丸投げするとかなりの費用がかさむので、経費削減するためにも版下作成の技術がある人がやった方が、周辺の町会に入っている人から集めた費用を無駄に消費しなくて済むのでお勧めです。

印刷所に入稿してすぐ印刷に取り掛かれる原稿を作れる技術は、ある種のスキルとして有効に活用できるので、同人誌を作ってスキルを高めて行くと良さそうです。

同人誌を作りたいけどどうやって印刷所に入稿する原稿を作ればいいのか分からない人は、印刷したい印刷所のホームページに行けば版下原稿の作り方が詳細に説明されていますので、じっくり読んで研究して欲しいと思います。

※まあ、今の主流はデジタル原稿でオンライン入稿になってるとは思いますが…、まだアナログで入稿している方は存在している筈です。

コミケなどのイベントで本とグッズを作る時、全部同じ印刷所で済まさなくても良い

意外と知らない人が多いのか、それとも一つの印刷所じゃなければ駄目と思っているのか分かりませんが、何かのイベントで本とグッズを同時に販売する時のその本とグッズの印刷は、同じ印刷所でなければならないと言う訳では無いのです。

多分印刷所のお得なプランを提示されて、それに従ってしまう人が多いのだろうと思うのですが、実際のところ、本当にそのプランがお得なのかは他の印刷所の料金体系を見なければ分からないと思うのです。

クリアファイルを作るにしても、Aと言う印刷所では100枚なら約2万円で作ってくれる所を、Bと言う印刷所だと100枚だと25000円かかったりするのです。

5000円の差は大きいので、出来れば安くて品質の良いクリアファイルを作ってくれる所にこれだけでも頼みたい!と思うので、本とグッズの印刷は同時にするよりも別々にした方がお得になる事もある事を念頭に置いておいても良さそうです。

少部数の場合はオンデマンド印刷がお勧め

また、特に調べもしないでお高い印刷所でいつも印刷している人も多いのですが、小数部数しか本を作らないと言う人は、オンデマンド印刷専門の印刷所で印刷をすると、オフセット印刷よりもかなり格安になるのでお勧めです。

病院や医院で何かの病気の診断をしてもらった時、怪しいとか信じられなかったらセカンドオピニオンをする様に、印刷所もセカンドオピニオン的に色んな所に頼んでも何ら問題は無いのです。

私も昔、値段重視で安いところに頼んだら、下請けにでも回されたのかトーンが潰れてたり裏写りしてたりと印刷が汚な過ぎて後悔した事があります。

…と言う事で、出来ればお得に印刷料金を節約していきたい人は、色んな印刷所の料金体系と評判をよく見て研究してみると良いでしょう。

私が過去にお世話になって、良かった印刷所のリンクを載せておきますね!!

くりえい社  https://www.kurieisha.co.jp/ 

(株)グラフィック https://www.graphic.jp/comic

オレンジ工房  https://www.orangekoubou.com/

プリントネット  https://odahara.jp/

ポプルスは現在、サイトが上手く表示されないみたいなので、直ったら追記しようと思います(2020年1月19日現在)

同人誌は同人誌即売会以外でも売る事が出来るし、買う事も出来る!!

最近は、コミケなどのイベントに行けなくても同人誌を委託販売してくれるお店が増えて来ているので、そこで後で通販や実店舗で買えるようになってきたのが非常に便利だと思います。

特に同人誌の委託販売に力を入れているのがメロンブックスと、とらのあなですが、特にメロンブックスではイベント会場内に委託する本の受付を設置したりして、サークル側にあまり足労させないサービスをしている気がします。

この時、メロンブックスなどに委託してもらう時に支払う委託料金は、委託している本が売れた時にだけ発生するのですが、だいたい20~30%になっているので、委託している間毎月委託料金を支払わなくて良い所もまた便利だと思います。

ところが、リアル店舗で実売してくれる書店、特に古書店などでは時々委託料金の高い所もあるので要注意です。

しかも委託料金が高いのに更に月額委託料を要求してくるところもあるので、お住いの地域で『同人誌を委託販売するよ?』と言っている書店や古書店があったら、しっかりとその料金体系を調べてから申し込んで欲しいですね。

まとめ

とりあえず、先に挙げたメロンブックスと、とらのあなは、割と信用性の置ける所なので、同人誌を委託で販売してみたい時はどちらかに相談してみると良いでしょう。

メロンブックスととらのあなは同人誌の委託だけでなく、同人誌の通販もやっています。
なかなか同人誌即売会に行けなくて、『同人誌が買えないよ~』と言う方はぜひ通販を利用してみて下さい。
私はメロンブックスととらのあなを利用していますが、『同人誌 通販』で検索すると他にも色々とヒットしますよ~。

-お役立ち情報
-, , , ,

© 2021 優しい羅針盤