雑記

食事する時間に食欲が無い人は、別の時間に食欲が出て来る

1日3食をしっかり食べている人は結構少ない

どうも、あしたのひまわりです。

皆さんはお食事はどんなふうに召し上がられていますか?
今日のブログは食欲をテーマに色々と綴っていこうと思います(⌒∇⌒)

普段の一般的な食事の時間と言うと、朝の6~7時頃と12時頃、夕方は5~8時頃にする人が多いかと思います。

しかし、この時間帯に都合良くお腹が減っている人は実は殆ど居なくて、無理矢理食べる時間に食べている人が多いのです。
かく言う私も、朝はギリギリまで寝ていたいタイプの為、朝食は抜く事が多いです。
『朝食抜きだとお腹すかない? 倒れちゃうよ?』などと職場の人とかに心配などもされますが食べなくても特に支障が無かったりします。
まあ本当は朝はしっかりと食べた方が良いんですけどね(;^ω^)

休日に、特にご飯を食べる時間を設定しないで気が向いた時に食べる方式にしてみると分かるのですが、実は1日3食をしっかり食べている人は結構少ないと言われています。

朝と昼を兼ねた食事を午前中に多めに食べると、午後になって少し小腹が空いた時に軽いおやつの様なものを食べたら、あとは夕飯をこれまた気が向いた時に食べる程度で済ます人が多いそうなのです。

朝食を食べられない人が増えている

また、朝ご飯を食べない、もしくは食べられない人も結構いますが、多分その人の本当の朝食を食べたい食欲が来る時間が遅いタイプの人だと思うので、朝9時頃に朝食を食べられるようになると朝ご飯を毎日食べられる様になれるのかも知れませんね!

でも、朝9時じゃ普通の人は仕事をしていたり、学生なら学校で勉強している時間だから無理な難しいですよね。

それと、気が向いた時に食事をする方式にして食事をしていると太りにくいそうなので、何を食べても太ってしまうと言うお悩みがある人は、時間に縛られて食事をするのではなく食べたいときに食べるようにするのも良いかも知れません。

食事をする時間がまちまちだとこの現代社会では変な目で見る人も中には居ますが、ライフスタイルは人それぞれなので変な目は気にせず自分のペースでやって行けば良いと思います!!

身体が疲労している時に食事の量が増える人

普段やらないような運動や身体を動かすようなイベントに参加した休日明けに、かなり疲労が蓄積した状態になっている人は結構多いかも知れません。

特に、普段やらないような事にチャレンジしてしまった人は、筋肉痛になったことが無いかも知れない筋肉が筋肉痛で痛くて、歩くのも大変になっていると思うのです!!

疲労している身体は重くて、普段通りの生活を普通にしようとしても特に筋肉痛になっている箇所には謎の重りが付いている様な感覚になっているので、いつもと同じような動きが出来なくて苦労しているかも知れませんね。

そんな状態の時、人によっては疲れすぎていて食欲が出ないと言う人もいるのですが、中には普段よりも過剰に食欲が湧いて来て、周囲からは『暴飲暴食か!?』と、思える程に食べてしまっている人もいると思うのです!!

疲れているときほど、食欲が出る人は健康的!!

このまま食べ続けていたら確実に太りそうな勢いで食べているので家族や友人に心配されているかも知れませんが、実はこの状態、至極健康的な事だったりするのです。

例えば疲れきって疲労困憊状態の身体の、特に筋肉痛では筋肉の繊維が切れている所為で痛くなっているので、それを修復するためにタンパク質を多めに摂りたい!と言う欲求が身体の中から発せられます。

焼き肉屋から揚げなどの肉料理をやたら食べたとか食べたい!と言う欲求のある場合は、筋肉が組織を修復したいと言う欲求が現れている証拠なので、なるべく多めにタンパク質を摂って欲しいですね。

まとめ

他にも、色んな物をかなり多く食べたくなったり食べてしまっていると思いますが、それも疲労回復の一環の食欲なので一定期間が過ぎると普段の食欲に戻ってくると思うので、しばらくの間は太る太らないを気にせずに食べて行くと良いでしょう!!

私も疲れた時に甘い物が欲しくなったり、炭酸ドリンクでリフレッシュしたくなったりとかあります。
あれも、疲れた脳が疲労回復から回復する為に糖質を欲しがっているからなんだそうですね。
人間の体って本当に不思議ですよね~。
でも、一説によると甘い物の取り過ぎは脳を老化させてしまうという事もあるらしいので、限度を考えて摂取していきましょうね(⌒∇⌒)

-雑記
-,

© 2021 優しい羅針盤